結婚相談所の現状

日本では結婚相談所をはじめとした婚活ビジネスがすっかり確立されています。その背景には、未婚者の増加が関係しています。30代前半男性50%・女性35%、30代後半男性37%・女性24%、40代前半全体で20%の人が未婚というデータも出ているほどです。また生涯一度も結婚しない生涯未婚率は、2000年からの10年間で倍増しています。このペースでいくと、2030年には日本人3人のうち1人が未婚者になる可能性も高いです。

では未婚者が結婚したくないのかというと、そうでもないようです。「少子化社会対策白書」平成27年版によると、未婚男女のうち約6割が結婚の意欲があるというデータが出ています。「そもそも出会いの場がない」「自分には魅力がない」といった結婚したくてもできないという人が多いです。また最近では非正規雇用で仕事をしている人も多いです。経済基盤がしっかりしていないので、「家族を養っていけるかどうか不安」と感じる人も見受けられます。

結婚相談所をはじめとした婚活ビジネスを行っている事業者は、3700~3900社あるといわれています。中には日本全国に会員を抱えているような大手もあります。しかしこのうち約7割は個人経営の業者です。婚活マーケットの市場規模は年間500~600億円とされていて、決して小さな市場ではありません。また、会員数を見ると、結婚相談所全体で60万人程度です。男女比で見た場合、3:2で男性会員の方が若干多いようです。当サイトでは、データに基づいて結婚相談所について詳しく紹介します。ぜひご参考ください。


◎結婚相談所関連サイト
結婚相談所 データ・・・大手結婚相談所のサイトで、婚活中のデータが確認できます。